こんにちは、来栖です。

 

第4回は色々すっ飛ばしながら、次の最終回につなげます。

 

「蛮神イフリート討滅戦」に続き、パッチ1.20で「蛮神モグル・モグXII世討滅戦」が追加されました。

これまた高難度のコンテンツになり、イフリートは1 vs partyだったのに対し、モグル・モグはparty vs partyとなった蛮神戦です。

あの可愛いモーグリをボコボコにしなければならないという、モーグリ好きには大変厳しいコンテンツでした。

モーグリそれぞれにクラスがあり、それに応じた防御力や、アクションを行って来ました。

限られたフィールドの中で動き回っているモーグリ達を把握し、安全な位置を保ちながら、自分の役割をこなさなければならない。というのはイフリートとは全く違い、倒れた冒険者が次々と…

 

パッチ1.21では、ジョブシステムが追加され、お馴染みの「ナイト」「戦士」「竜騎士」「モンク」「吟遊詩人」「白魔道士」「黒魔道士」が登場しました。

ジョブパーティ向け、高難度インスタンスレイド「オーラムヴェイル」「カッターズクライ」も同時に登場し、今までにないギミックに冒険者はまたも苦戦を強いられました。

「オーラムヴェイル」は毒霧が発生していて、冒険者は敵を倒しつつ、突破しなければなりませんでした。

「カッターズクライ」はいたるところにトラップが存在し、踏めば「HPダメージ」「MPダメージ」「入口まで戻る」のどれかに襲われました。


ジョブ限定の強力な防具「ダークライト系」がレアな報酬として出ることもあり、多くのプレイヤーは苦戦しつつも、何度も挑みつづけました。

 

パッチ1.22では「蛮神ガルーダ討滅戦」が追加され、「イフリート」や「モグル・モグ」を遥かに凌ぐ超高難度のコンテンツとなりました。

しかし以外な抜け穴もあり、戦(ナ)詩白黒黒黒黒黒みたいな構成で挑み、大技発動前に討伐する…と言った攻略法も。真似ができるかといえば難しく、相当な火力がないと返り討ちでした。

修正された後は正攻法での攻略となり、順番の決まっていないモード切り替えに悩まされました。

 

ハムレット防衛コンテンツも追加され、クラフター・ギャザラーも参加する全クラス入り交じってのパーティが編成されました。

意外と高い難易度に驚いたプレイヤーも多く、当時は貴重だったアニマ(テレポ使用時消費)が回復することもあって、そこそこに盛り上がりはしました。



 

ジョブ武器クエストも遅れて実装され、ハムレット防衛で出るアイテムを求めて、通いつめるプレイヤーも続出しました。

 

パッチ1.23では「特殊戦教練」が追加され、今までのボス級モンスターとの連戦になりました。
この頃に再開や新しく始めたプレイヤーも多少おり、そのプレイヤーにとっていい練習の場所となったコンテンツです。
今まで使ったことのないジョブで挑んで練習する人もいたりと、程よい難易度と、出てくる敵がボス級下位互換ということもあり、万人受けするようなコンテンツであったと思います。

 

これで今までのほぼ全てを紹介したことになりましょうか。ヒルディさん関係、全く触れていませんが。

最終回では、終焉関係のクエストやコンテンツに触れ、まとめる予定です。