簡易水冷クーラー時代を築き上げるきっかけを作り、今なお定番中の定番、高い信頼度で独走を続ける「Corsair Hydro Series」

2013/03/20 その「Corsair Hydro Series」から新製品が発売されました。

「Hydro Series™ H90 140mm High Performance Liquid CPU Cooler」(2015/03/28 メーカーサイトから削除)
「Hydro Series™ H110 280mm Extreme Performance Liquid CPU Cooler」

 

現行の他社製簡易水冷クーラーを含め、120mm,240mmサイズこそあれど、140mm,280mmサイズの簡易クーラーは業界初となりました。

ラジエータのサイズも大きくなり、同一条件下における空気の流量も増えたことにより、冷却性能の更なる向上が期待できます。

 

と、いうことで、少し前に「H110」を購入して来ました。

 

H110の前はH80を使っていましたので、比較をしようと思っていました。

しかし、いざデータを漁ってみたところ、なんとH80の時に行ったOCテストデータのほとんどが消失しており、微妙なものになってしまいました。

それでも無いよりマシと思いましたので、比較をさせて頂きます。

以下のテスト結果は、全て6コア12スレッド100%使用で行なったものです。

H80 , i7-3930k (4440MHz)

2013-03-03-09h13-Frequency-CPU #0 H80-4440MHz 2013-03-03-09h13-Temperature-Core #0

i7-3930k 定格3200MHzを4440MHzまでオーバークロックして運用、テストを行った結果です。

VCORE : 1.415~1.425V
CLOCK : 4440MHz

温度は徐々に上がっていき、「~73℃」で落ち着きました。1分少々のデータしか残っておらず、最後の数秒くらいですね…。

H110 , i7-3930k (4440MHz)

2013-05-11-21h24-Frequency-CPU #0 2013-05-11-21h24-Voltage-CPU VCORE 2013-05-11-21h24-Temperature-Core #0
同じく i7-3930k 4440MHzで運用、テストを行いました。

VCORE : 1.440~1.450V
CLOCK : 4440MHz

電圧を相当上げていますが、それでも「~71℃」といったところでしょうか。120mm → 280mm の差が出た結果ですね。

 

さて、次はH110単独のテストになります。

なぜ単独になったのかというと、H80では冷却性能が追いつかず、システムが強制的に停止してしまい、テストを完走できなかったのです。

i7-3930k 4560MHz(42.5% OverClock) 運用・テスト結果になります。

H110 , i7-3930k (4560MHz)

2013-05-11-22h39-Frequency-CPU #0 2013-05-11-22h39-Voltage-CPU VCORE 2013-05-11-22h39-Temperature-Core #0

VCORE : 1.440~1.460V
CLOCK : 4560MHz

テスト開始前半は不安定でした。これが私の環境における6コア12スレッドの限界クロックであることが判明しているため、それが関係あるのかもしれません。が、原因は不明です。

後半のデータを見ると、温度はまさかの「68~72℃」といったところでしょうか。なんでさっきと同じくらいなの。お前サボってたろ。本気出してくれたようです、スゲェ。

Q . 最後の5分間、なんで電圧が上がっているの?

A . 2コア4スレッドまでの場合、4680MHzで駆動するようになっているからです。

6コア12スレッドで4680MHz駆動させようとすると、いくら電圧を上げても電圧不足のSTOPコードが出るので、これが限界のようです。
個体差はあると思いますが、個人的にかなり優秀な子だと感じています。

オマケ(4560MHz駆動時,OCCTが吐き出したテスト結果データ全部)

 

ただ、購入する際は注意して下さい。

現状、H90,H110は搭載できるケースが限られています。

また、H110はサンドイッチ(*1)した場合、「COSMOSII」ですら、通常の方法では搭載不可能です。要は、普通に搭載できません。

これは、現在のケースは120mmファンを標準に設計されているため、140mmファン…ましてや280mmなど、想定外のことが多いためです。

想定して作られた「COSMOSII」でさえ、サンドイッチすれば不可能、しなくても1通りの搭載方法しかありません。

(多分、H90もサンドイッチした場合、片側をケース外に出す必要があります…)

私はどのようにして使っているかというと、もちろんサンドイッチしています。COSMOSIIを使用しています。

搭載できないと言いましたが、アレな方法を使えば一応できます。

ケース上部にあるケースファン用の穴からヘッドを入れ、ケースの上にサンドイッチしたラジエータを置くことで解決しました。ケースの中に収まってません。

DSC_0017

 

これでH110レビューを終わります。大した記事になりませんでした。あれぇ?

次はAMDのAPU A10-5800Kで新生FF14ベンチマークを動かします!

*1 ラジエータの両側にファンを取り付けること。冷却性能を向上させるために行う。

 

CORSAIR Hydro Series H110 CW-9060014-WW 《送料無料》
280mm Extreme Performance Liquid CPU Cooler
TSUKUMO 商品詳細バッジ で 2013-05-11 に生成しました

 

 

CORSAIR Hydro Series H90 CW-9060013-WW 《送料無料》
140mm High Performance Liquid CPU Cooler
TSUKUMO 商品詳細バッジ で 2013-05-11 に生成しました