前回のまとめ編のデータですが、β4で一部のアクション性能が調整されたことで、役立たずになってしまいました。

ですので、改めて、β4データ版として公開します。

 

この記事よりも新しいまとめが出ています。

 

 

スキルルート画像
SkillSelect_beta4

 

上の画像が、β4対応版の高効率ルートです。
サンダー系の効果時間延長により、追加効果が何度か発生しても、サンダガの効果が続くようになりました。
*MP不足で途切れるようならサンダラでいいかもしれません。
また、ファイガのダメージアップにより、β3よりも火力が上がったと言えます。

前回頂いた質問の中に「ファイガ追加効果が発生したら、詠唱を中断して、すぐ使うべきなのか」というものがありました。
これの解答は「中断する場合と、しない場合では、しない場合のほうが効率が良い」となります。
0.5秒以内に反応できるなら、中断するといいですよ!

これより先は少々詳しい話になります。
読まなくても問題ありませんので、ここで閉じても大丈夫ですよ!

 

 

SkillData1_beta4 SkillData2_beta4

 

上の2つの画像が詳細な計算結果となります。
極性段階は、ダメージ倍率に影響する他に、消費MP[減少時]に影響します。増加時は1~3段階全てにおいて同じ消費MPとなります。

1段階、2,3段階で消費MPが変わりますが、結局のところ、3段階までより早く積んだほうが効率が良いです(データ参照)。

消費MPが減少している場合、威力も減少しています。
MP永久機関の黒魔道士,呪術師にとっては、MP効率は然程関係なく、秒間ダメージのほうが重要なのです。
威力が減少しているということは、秒間ダメージも低下しているということであり、利用する価値はありません。
つまり、消費MP減少は、影響しないことが多いということです。

逆に、消費MPが増加している場合、威力も増加しています。
しかし、増加時の場合、1~3段階全てにおいて、消費MPは同じなのです。
ダメージ倍率のみ違うということは、倍率の一番高い3段階目が最も秒間ダメージ・消費MP共に優れていることとなります。
つまり、1,2段階目は出来る限りスキップしたほうが良い、ということです。
このことから、トランスの使用は論外となります。

サンダー系のDoT効果ですが、β4で「サンダー」に統一されました。
β3まではサンダー,サンダラ,サンダガで独立していたのですが、β4の変更によって、同時に3種重ねるのは不可能に。
そのため、一番効果時間の長いサンダガが妥当となります。

まとめると、
1.トランスは使わない。
2.ファイガ,ブリザガで極性切替を行う。
3.サンダー系DoTはサンダガで。*MP不足で途切れるならサンダラで
4.詠唱を中断しない。

というところでしょうか。

 

 

以上、β4対応版でした。

PDFデータを置いておきますので、必要な方はダウンロードして下さい。
黒魔道士魔法使用順検討(β4) (.pdf 61KB)

 

-後日談-
実際にこれをフルパーティで試したところ、軽々とナイトの敵視を超えて、ターゲットを剥がしました。すいません。
ナイトが本気だったかと言えば、少々怪しいですが、十分な火力が出ていると感じました。
少しでも盾がサボると、それ以上の敵視を稼いでしまうようなので、普通のパーティであれば加減しないといけないですね。(悲しみ)

 

追記

サンダガをサンダラに置き換えてください。サンダラのほうが効率が良いです。