こんばんは。最近どうも、頻繁に更新し過ぎている気がします。

 

さて、正式サービス開始から、2週間ほどが経ちました。

レベルが上限の50になり、様々な高難度コンテンツを体験した方も、増えてきたのではないでしょうか。

それに伴い、スタンなどで止められない範囲攻撃も、出てきたと思います。

 

どのような種類があるのか。それぞれに、どのような回避方法があるのか。

少しまとめてみたいと思います。

 

まず、直線型の範囲攻撃です。

直線範囲

画像のように、真横に逃げる方法、下がる方法、様々だと思います。

ですが、直線範囲を回避するとき、オススメするのは横へ逃げる方法です。

後ろに逃げるとしても、直線範囲の直線がどこまで伸びるかわかりません。

この画像より縦長だったらどうでしょうか。

おそらく、逃げ切る前に当たってしまいますね。

回避の基本は、最短距離で抜け出す、ということになりますから、やはり横へ逃げたほうが確実でしょう。

 

次に、扇状の範囲攻撃です。

扇範囲-通常

画像のように、左右、後ろへ逃げる方法を思い付くのではないでしょうか。

それでも回避することが出来ます。

しかし、この扇状の範囲攻撃、なかなか厄介なものなのです。

扇範囲-特殊

このように、後ろに広かったり、横に広かったりと、画像はだいぶ大げさではありますが……

後ろに広ければ、後ろに下がっても間に合わないかもしれない。横に広ければ、左右に回避するのは危険。全てを覚えきるのは難しいです。

ところが、誰が考えたのかわかりませんが

「じゃあ敵にピッタリ張り付いて、突っ切って後ろに回ればいいじゃないか」

という回避方法を見つけたのです。

これが素晴らしく便利で、直線型の範囲攻撃も、後ろに回れば回避できてしまいます。

扇範囲-貫通

 

しかしながら、これも万能ではありません。

よくある「円状」もそうですし、使う相手は少ないですが「十字型」にも使うことが出来ません。

後方扇状の範囲攻撃を併せ持っている敵だと、逃げた先にも尻尾やらで追撃してきます。

その他

あまり多くない例ですが、ドーナツ型の範囲攻撃を使う相手もいます。

主にパーティでは、後衛職が狙い撃ちされる範囲攻撃です。

ドーナツ型は近づけば回避出来ますが、すぐに離れないと、今度は自身中心の円状攻撃や、扇状の攻撃を受けることになったりします。

後方への扇状や、直線は、後ろから攻撃している近接職を狙った攻撃になります。

また、自身中心の円状ではなく、無差別に選定したプレイヤー目掛けて、円状ダメージエリアを発生させることもあります。

初見の場合、特殊なものが来ると、慌ててしまいがちです。そんな時に、役に立てば幸いです。