AMD Eyefinityを利用すると、複数のディスプレイを用いて、特殊な解像度でプレイすることが出来ます。

NVIDIA Surroundと同じような機能です。

実際にプレイした場合、以下のようなスクリーンとなります。

ffxiv_20131208_202859

ffxiv_20131208_202847

ffxiv_20131208_202829

 

Eyefinityとは(AMD公式)

1.GPU(グラフィックボード)を確認する

使用しているGPUが、以下の世代以降である必要があります。

ATI Radeon HD 5xxx
AMD Radeon HD 6xxx

 

2.ディスプレイを確認する

使用するディスプレイの対応コネクタを確認します。

DVI,HDMIでの接続は最大2ディスプレイまで、それ以上はDisplayPortで接続する必要があります。(手順2-*を確認して下さい)

これは技術的な問題なので、詳しく説明はしません。

ディスプレイ解像度が同じものを用意すれば問題ありません。

※NVIDIA Surroundと異なり、同期極性の一致は必ずしも必要ではありません。

 

2-*.変換コネクタを使用する

用意したディスプレイを接続します。この際、注意するべきことがあります。
DisplayPort対応のディスプレイを用意することが出来ず、変換を行うことで誤魔化す場合です。
変換は「アクティブタイプ(ActiveDisplay)」を必ず使用して下さい。

DisplayPortとDVIで接続した場合に、パッシブタイプの変換コネクタを使うと、DisplayPortはDVIモードで動作します。(DVIとして認識される)
この場合、Eyefinityを使用することが出来ません。

アクティブタイプの変換を使うと、DisplayPort用の信号を「変換コネクタが」DVI用の信号に変換するため、GPU側はDisplayPortとして認識します。
この場合、Eyefinityを使用することが出来ます。

使用するコネクタには注意して下さい。

 

3.ディスプレイを接続する

用意したディスプレイを接続します。

DVI,HDMIの接続は両方合わせて2つまで、他はDisplayPortで接続します。

 

4.Catalyst Control Centerで設定する

最後に設定を行うだけです。

メニューに「Eyefinity マルチディスプレイ」が追加されているはずです。無い場合はアップデートして下さい。

「Eyefinity ディスプレイグループを作成」の案内に従い、設定を進めていけば、無事完了です。