こんにちは、来栖です。

新しいケースの中に、eVGA製の気になるものが有りましたので、紹介致します。

なお、取材時には展示機を除いて、初回入荷分は完売していました。瞬殺だったそうです。
私も欲しかったです。お金があれば買いました。NASを買いに行った時に見つけたので、お金がなかったんです……。
それくらい素晴らしい製品だと思います。これはコンパクトゲーミングPCのために生まれてきただけあって、本当に素晴らしい出来です。

 

EVGA HADRONAIR(MiniITX) 撮影協力:TSUKUMO本店(3Fにあります)

展示機性能
CPU i7-4700(無印)
VGA GTX670
RAM 8GB
PWR 500w (Gold)

 

このケースの特徴として、miniITX規格でありながら、GTX670を搭載し運用できる点が上げられます。
展示機は1週間、PSO2のベンチマーク(最高画質設定とのこと)を回し続け、熱暴走等が起きたことは1度も無いとのこと。
撮影時もガンガン走り続けており、最高画質にも関わらず、ヌルサク動いていました。素晴らしいの一言です。

ケースの大きさから排熱性の心配をしたのですが、ケース下部から吸気を行い上部で排気するエアフローとなっており、問題有りません。
ちなみに冷えきっていた私の手を当てたところ、あっという間に暖まりました。それくらい排気はスムーズに行われています。

搭載可能なVGA長は267mmで、GTX780の搭載も可能なスペースが有ります。
というか取材時にGTX780でベンチマークを走らせていた気もします。内緒でしたっけ。

幾つかのデメリットが存在しますが、それを上回るメリットをもたらしてくれるはずです。
机の上に置いても違和感ない程度の大きさで、GTX780を全力で使えるって、すごくないですか。普通できないです。熱暴走で落ちます。

このケースを購入する際、注意点がいくつかあります。

1.スリム型光学ドライブであること。
 光学ドライブが故障した時、交換用に購入するドライブがスリム型である必要があります。

2.独自仕様の電源であること。
 電源が故障しても、メーカーが電源のスペアを保有していない可能性があります。通常の電源をケースの外に置けば、ケースの利用は可能です。

3.電源付きのケースであること。
 独自電源のため、ケースとセットの販売です。定格500Wなので、CPUとVGAの組み合わせに注意する必要があります。

 

2014/01/16
15日に入荷したようです。在庫は潤沢、人気も上々で次の入荷も硬いとのこと。
秋葉原ではTSUKUMO本店とドスパラに置いてあった(取材時)ので、気になる方は実機を是非見に行って下さい!