購入しましたTITANX、お値段なんと15万円。

しかしVRAM12GBとGTX980の1.5倍の性能は魅力的です。もう1枚用意すれば、SLIによる性能向上が見込めます。

 

今回、リファレンスファンを信用しないことにしたので、クーラーの交換をします。
KrakenG10を使い、Corsairの簡易水冷ユニットH90を装着します。

ヒートシンクの装着については、別記事をご確認下さい。

それではさっそく開封しましょう。

~ 開 封 の 儀 ~

02

美しい……いっつびゅーりふぉー……

だけどごめんね、すぐに素っ裸に……

 

03

じゃあ、はずしていきます。

 

04

はい。外れました。VRAMはSKHynixでした。ネジがかなり多く、しかも硬い。疲れた。

この時点で体力の3割くらい持っていかれた気が……

 

05

満を持してのご登場。簡易水冷をGPUにマウントするアタッチメント。その名も「Kraken G10」です。これはブラックモデル。

 

06

GPUコアについているグリスをしっかりふき取り、ピカピカにしておきます。

 

07

そんでもって装着しました。ヒートシンクを買い忘れたのが痛いです。これではVRAMが焼け死んでしまう……

 

08

そして組みこみます。横から確実に風を当てるべく、このような姿に……。ヒートシンクが到着次第、装着しなければいけません。

 

ベンチマークは別記事にします。とりあえずここまで!