サンダー系の使用頻度に関わる問題について。

 

サンダー系Procが発生した時、素直に使えない理由は幾つかあります。
1. DoTの上書きによる合計威力値の低下で、ファイジャを使っていたほうが良い結果になることがある。
2. エノキアンの残り時間やAF維持時間の問題で、ファイジャを1発削って使用するなりしないと、事故る。

そもそも、サンダーを滅多に詠唱しない状況にも理由があります。
1. サンダガの合計威力値は345、サンダラで295、サンダーで240であり、AFIIIファイジャの504に到底届かない。
2. そもそも使用する理由が「MP回復の待機時間を埋めるため」であり、その時間はブリザジャにより埋められている。

以上により、サンダーを詠唱する必要がないわけです。
ファイジャ1発に満たないのであれば「威力/秒」から見て非効率です。
5%が数回程度、期待値でもファイジャ以下です。まさに無用の長物。

ではどうすれば詠唱するだけのものになるのか。
単純です。Proc込みで考えた時、期待値がファイジャの504を上回れば良いのです。

 

 

エノキアン更新の件について

 

単純に上書き時「30秒に戻る」となるようでは、おそらくですが、最適なスキルローテーションは今よりも複雑化します。
安牌は、蒼の竜血と同じ加算システムにすることでしょうか。最大30秒まで、とかの制限を設けた上でのお話ですが……。

 

 

まとめると、別に今のままでいいよ?です。私個人としては。

 

確定版