目次に戻る

Ⅰ-⒈ 黒魔道士ってどんなジョブ?

 このページは「黒魔道士をはじめよう(ver.WEB)」の一章一節です。

 「黒魔道士をはじめよう」は、オンラインゲーム「FINALFANTASYXIV」でプレイヤーが選ぶことのできるジョブの一つである「黒魔道士」を勝手に解説する非公式の取扱説明書です。ゲーム内では説明も解説も一切されない黒魔道士の特性や特徴を理論的に学ぶことができるよう、当ブログの管理者である来栖が頑張って製作しています。

 「黒魔道士をはじめよう」は同人誌として製作され、コミックマーケット89において頒布、開場1時間で完売という成果をあげました。続くコミックマーケット90においては、アップグレード版である「黒魔道士をはじめよう-蒼天の書-」が頒布される予定です。これはそのWEB版です。更新予定は未定です。また、すべての項目を公開するかどうかも未定です。当然ですが、同人誌即売会や書店委託で購入された方を優先しております。これらは製作費のカンパにもなり、次回作の資金になります。ご協力、宜しくお願い申し上げます。

 もし製作費のカンパにご協力頂けるようであれば、こちらのページをご覧ください。(頒布開始は2016年8月14日以降となります)

◉黒魔道士って?

 遠隔魔法系のスキルを有する攻撃的なジョブです。ベースクラスである呪術士とサブクラスである弓術士・巴術士のスキル・アビリティを扱うことができます。
 黒魔道士の戦闘スタイルは、可能なかぎり動かずに魔法の詠唱をし続けるので、例えるなら「固定砲台」です。ほとんどの時間を魔法の詠唱に費やすことが理想とされます。
 敵から離れていることが多く、そもそもオートアタックをするような状況が少ないため、他のジョブと比べて「1発のダメージ量が多い」ジョブです。逆に言えば、1発の損失が総ダメージ量に大きく影響してしまうジョブとも言えます。

 

◉唯一の永久機関

 基本的に、ウェポンスキルの使用にはTPを消費する必要がありますし、魔法を詠唱するにはMPを消費する必要があります。このTPやMPは戦闘中も回復していますが、その回復量は微々たるものであり、消費量には到底及ばないため、戦闘が長引けばいずれ枯渇します。これが常識とされています。
 しかし、この常識は黒魔道士には適用されません。黒魔道士にとって、MPは無限に湧き出てくるものなので、そもそも枯渇するという概念そのものが存在しません。つまり、黒魔道士は湯水の如くMPを使い続けることができるのです。

 

◉高い防御性能

 「ウォール」は物理ダメージを、「マバリア」は魔法ダメージを軽減します。
 パーティにおいてはダメージを出す役割を担い、さらには打たれ弱い遠隔魔法系ジョブであるにも関わらず高性能な防御アビリティを保有しているのは、黒魔道士だけです。

 

◉関連性の薄さ

 他人に頼らずとも延々と戦い続けられるということは、すなわち他人から頼られることも少ないということです。
 例えば、竜騎士は対象の刺突耐性を低下させ、吟遊詩人や機工士が与えるダメージを底上げできます。他のジョブも多々ありますが、長くなるので割愛します。
 しかしながら、黒魔道士は竜騎士のような特定の耐性を低下させる能力を持っていませんから、他のジョブのダメージを底上げすることはできません。
 「数少ない支援スキルを、いかに効果的に使うか」が課題となるのです。

 

◉求められること

 第一に、被ダメージを抑えてヒーラーへの負担を最小限にすること。そして、誰よりもダメージを出し、自身のパーティを勝利に導くこと。私達は勝利を運ぶ者なのです。

 

目次に戻る