今までも何度かゲーミングデバイスのことを言及してきましたが、改めて書いてみようと思います。ちなみに私が使っているのはLogicoolのG13,G600,G510と、バルク品のUSBフットスイッチシングルタイプ5個です。

つい先程のことです。Twitterで「HORIがまた変なゲーミングデバイスを出したよ」というのを見ました。調べてみるとまた妙なものを出しているじゃないですか。

今回、HORIが出したのは「タクティカルアサルトコマンダーシリーズ」で「TAC G1」「TAC K1」「TAC M1」の三種類。どれもPS3,PS4,PCのクロスプラットフォームで、FF14プレイヤーの環境にマッチしすぎています。

ところがこれ、FPS用に設計されているのでMMO用ではありませんが、ちょっと紹介してみたいと思います。

 

horitack1まず「TAC K1」から。

Amazon

こりゃもうどうしようもないんじゃないですか?

流石にこれはMMOには使えません。と、あくまでも私個人は思いますが……。

まさにFPS用って感じです。

ちょっとどころではなくお話しにならない気がしているので、次行きましょう。次。

 

 

horitacg1今度は「TAC G1」です。

Amazon

所謂キチガイコントローラってやつですね。何度かこの手のものを見ていますが、よくもまあこういうのを作ろうと思うものです。あ、私は好きですよ、こういうの。

ただ、やっぱりニッチなんですよ。需要が……あんまりというか。

それで、FF14で使うシチュエーションを考えては見たんですが……。これ、XHBも使いづらくなりますし。あんまり合ってないかなと。

メリットとして考えられるのは、グラウンドターゲット系の指定速度でしょうか。とは言えそれも「/ac フリーズ <t>」みたいなマクロを使えば省略できるようになってしまいましたし、恩恵としては薄い気がしています。どうなんですかねえ。ニッチ過ぎますよねえ。

多分ですが、ターゲット周りは便利になると思います。なんせXHBを操作しながらマウス側でターゲットの指定ができますし。……まあ、普通ならやらないですけどね。だからキチガイデバイスに類するわけです。

 

horitacm1最後は「TAC M1」で、本命です。

Amazon

あれ、これどっかで見たな。絶対見たことあるやつだ。LogicoolのG13かな? それともRazerのOrbweaverかな?

……そう、これなら使えるはずです。むしろ、使えない訳がない。専用のソフトウェアでキー割り当ても変更できますし……。

あ、マクロが使えないんですね。なるほど。そうなると、G13より拡張性は低いんですね。……なるほど。

オプション機能はFPS用のもの(そりゃ当然ですよね)ですし、MMOで使用するとなると下位互換になってしまいますね。うーん、惜しい。


結論。

やっぱりFPS用でした。MMOであるFF14で使うなら、G13かOrbweaverのほうが良いでしょう。