ファミ通さんの記事で紹介されていた詳細情報より

https://www.famitsu.com/news/201705/31134234.html?page=6

 

基本コンボルート

単体

[雪]刃風+5→雪風+10(斬耐性-10%30秒)

[月]刃風+5→陣風+5(与ダメ+15%30秒)→月光+10

[花]刃風+5→士風+5(GCD短縮10%30秒)→花車+10

 

範囲

[月]風雅+5→満月+10(周囲)

[花]風雅+5→桜花+10(周囲)

 

遠隔

燕飛+10

 

必殺剣

単体

[10]暁天、威力100(急接近して攻撃)

[10]夜天、威力100(飛び退き、燕飛効果アップ付与)

[25]震天、威力300

 

範囲

[25]九天、威力150(周囲)

[50]紅蓮、威力800(前方扇状)

 

強化

[20]回天(次のWSを威力1.5倍に)

 

居合

[1種]彼岸花、威力240+35*20=940

[2種]天下五剣、威力360(前方扇状)

[3種]乱れ雪月花、威力720

 

基本ローテーション

単体

[月]→[雪]→[花]→居合:乱れ(一連の流れで約20秒弱)

必殺:回天は居合:彼岸、居合:乱れに対して使用する。

 

初動、その後60秒に1度(つまり、3回に1回)

[月]→必殺:回天→居合:彼岸→[雪]→[花]→葉隠→必殺:震天or紅蓮

紅蓮は使える時に即使う。

 

流れ
[月] 20(+20)  
必殺:回天 0(-20)  
居合:彼岸 0  
[雪] 15(+15)  
[花] 35(+20)  
必殺:震天 10(-25) ※花の途中に挟む
葉隠 50(+40)  
必殺:紅蓮 0(-50)  
[月] 20(+20)  
[雪] 35(+15)  
[花] 55(+20)  
必殺:回天 35(-20)  
居合:乱れ 35  
[月] 55(+20)  
[雪] 70(+15)  
[花] 90(+20)  
必殺:回天 70(-20)  
居合:乱れ  70 震天に使えばもっと減る
最初に戻る    

 明鏡止水については解説を参照のこと。

 

範囲

[月]→[花]→居合:天下

逆でも問題なし。

 

解説

 葉隠は雪月花を剣気に変えるもの。この変換効率は乱れ雪月花ベースで剣気1あたり威力12の効率であり、必殺:震天と変わらない効率である。

 さて、侍の使うWS・アビリティを威力の高い順に並べると、以下の順になる

  1. 居合:彼岸花(940)
  2. 必殺:紅蓮(800)1:16
  3. 居合:乱れ雪月花(720)1:12

 居合:彼岸は60秒DoTである。[雪月花]+[居合1回]は約20秒であるため、3周に1度、彼岸花を使うこととなる。

 つまり、3周に1度、雪月花は揃わない。

 しかし、単体に対して居合:天下は1:9の効率であるため、居合:乱れに劣る。そこで葉隠を使うと、最低でも必殺:震天、理想としては必殺:紅蓮への変換が可能となる。よって、3周に1度、居合:彼岸を使用した際には、その後の[雪花]を葉隠で剣気に変換したほうが効率的である。さらに言えば、必殺は居合と異なりGCDに関与しないため、居合よりも威力/時間の数値は上がる。

 葉隠のリキャストは40秒であるため、これを3周に1度使うことは容易である。というより不可能はありえない。

 

 次に必殺:回天について。

 回天の剣気消費は20、効果は次のWSの威力を1.5倍にする。さて、震天の比率は1:12である。ということは、回天がダメージアビリティであった場合、同じ効率なら240の威力を持つはずである。

 ならば、回天により向上する威力は240以上で無くてはならない。つまり480以上の威力を持つWSに対して適用した場合に、震天の効率を超えることとなる。

 侍のWSに属するもので480以上のものは「居合:彼岸花」と「居合:乱れ雪月花」のみであるから、この二つ以外に適用する必要はない。(必殺剣はアビリティである)

 

 最後に、明鏡止水について。

 明鏡止水によって発生する流れの時間は最大でWS4つ分(雪風、花車、月光、乱れ)で、約10秒。GCDが15%加速していることから8.5秒程度である。

 コンボ3つが回るのに必要な時間は20秒弱、正確には19秒と少しである。一方、それぞれのWSにより付与される効果時間は30秒である。この間には10秒の余裕がある。

 つまり、明鏡止水を挟むための余裕が常にあるようなものなのだから、タイミングはいつでも良い。ダメージアップ系の強化バフをもらっているのなら、それに合わせて使えば良い。WSの効果更新には間に合うはずである。

 繰り返しになるが、リキャスト毎に使って問題ないアビリティと推察できる。