(11/22)内容に合わせてちょっとタイトル変更

こんにちは、来栖です。冬コミ原稿真っ最中です。締切が、ヤバイ。

さて、この度4.15で実装されました「楽器演奏」は大変な盛り上がりでございますね。

でもほら、演奏がね、上手くない人も、いるじゃないですか。でもほら、演奏したいじゃないですか。ねえ。

こういうときは人類の英知を使いましょう。人類の英知、すなわち人の力、ということは、すべては自分の力です!

 

今回使うのはMIDIの力です。

そして使うソフトウェアは3つ。

 

使い方

まずはLoopMIDIで、仮想MIDIポートを1つ作ります。仮想MIDIポートって何?って考える前に、とりあえず作って。それだけなんで。

作った? よし、じゃあ次に進みます。

 

Dominoを起動します。で、「ファイル」→「環境設定」から

 

「MIDI-OUT」のAポートに、さっきLoopMIDIで作ったポートを指定します。音源はいらない。

そしたらDominoで演奏したい曲を打ち込みます。いまは適当に打ち込んでみましょう。ほんとに適当でいいので。

 

打ち込んだ? じゃあ最後に、MIDI Key Utilityで、音階に対応したキーバインドに変換する設定を作ります。

【注意】

Ctrl, Alt, ShiftのオプションがFF14クライアントには対応してないようなので、単独キー(1とかAとか)設定しか使えないみたいです。FF14側でキーバインド設定を調整する必要があるかも。

あとはDominoで再生して、FF14クライアントにキー入力を届ければ、オッケー!

 

MIDIハードウェア

MIDIキーボードでFF14を操作できるようにもなります。

USBでPCにつなぐ鍵盤みたいなもの(http://www.soundhouse.co.jp/products/detail/item/174356/

PCに繋いだMIDIキーボードからの入力を、MIDI key Utilityでキー入力に変換して、ピアノを弾く感じで操作できるように。

鍵盤だけじゃなくてギターとか色んなハードウェアがあったはずなので(高いと思うけど……)今後追加される音色に合わせたハードウェアを繋いで操作するとかも、できるはず。

(11/22)MIDIコントローラとかギターシンセとか色々噛ませると、ギターでもMIDI入力ができるみたいです。ちょっと面倒な準備が必要?

 


 

以上、冬コミ原稿真っ只中の簡易更新でした。

たぶん誰かがもっと詳しい解説記事を作ってくれると思う。